AGAクリニックとM字ハゲ

AGAクリニックの治療内容に興味がある!

M字ハゲが原因で、AGAの治療を考えた事ことはありませんか?
そして、そんな時にAGAクリニックと皮膚科という2択が現れるのですが、こんな疑問が頭をよぎりませんでしたか?

 

 

いったいAGAクリニックと皮膚科の治療は何が違うのだろうか?

 

どちらがが果たしてAGA対策に、そして金銭的に優れているのだろうか?

 

 

やはり、M字ハゲの対策として行き着く先はAGA治療なのだと思います。
一人で悩んで育毛シャンプーや育毛剤を買っても失敗の連続で、日に日にオデコは禿げあがっていく一方です。
そして、プロペシアやミノキシジルという言葉が気になりどうしても試してみたくなりますよね・・・・。

 

 

もう一人では解決できない!
専門家に見てもらうのが一番の特効薬だ!と・・・・・

 

 

僕もその答えに行き着き皮膚科でプロペシアを処方して貰った一人です。
AGAクリニックという言葉はとても魅力的で、楽園のように見えたのですが、残念ながら僕の住む田舎に楽園はありませんでした。
皮膚科という1択しか選択件は無かったんですよね・・・残念ながら。

 

 

てか、そもそもクリニックって何か知ってます?
なんかとってもオシャレな雰囲気をイメージしてるんですが、実際よく分かってないですよね?
皮膚科は病院でしょ?で、クリニックってなに?って感じです。

 

 

 

<病院とクリニックの違い>

 

医療法により「病院」の定義は「20床(しょう)以上の入院施設を持つ医療機関」。
無床もしくは病床数19床以下の入院施設をもつものを「診療所」という。
診療所と医院とクリニックは同じと考えてよい。

 

 

なるほど・・・・要は病院というのはデッカイ建物の事で、皮膚科やクリニックは診療所になる訳だ。
まったく知らなかった。
で、つまり何が違うのって事ですがイメージとしてはこんな感じだろうか!?

 

 

 

皮膚科 ⇒  AGAも取り扱っている

 

AGAクリニック  ⇒  AGAを専門的に取り扱っている

 

 

これだけだと断然AGAクリニックの方がM字ハゲの回復は早そうな気がします。
では実際に皮膚科とAGAクリニックの大まかな治療内容を比べてみます。

 

 

 

AGAクリニックと皮膚科の治療内容の違い

僕はAGAクリニックには行ったことは無いのですが、皮膚科(1回だけ)に通ったので一通りの流れは分かります。
そこでAGAクリニックとの皮膚科での対応の違いを比較してみたいと思います。

 

 

<AGAクリニック>

 

・予約
・問診票の記入
・血液検査、カウンセリング
・診察
・プロペシアやミノキシジルなどを処方
・AGAメソセラピーなど

 

<皮膚科>

 

・受付
・診察(簡単な質問)
・生え際の写真をパシャり
・プロペシアを処方

 

 

 


 

 

僕が行った皮膚科と比べてみても、AGAクリニックの治療の充実さが一目瞭然ですね。
クリニックの場合は必ずしもプロペシアばかりではなく、ジェネリックであったり、その人にあった「オリジナル発毛薬」を処方してくれる所もあります。

 

 

そして何よりまずクリニックの場合は受付の時点から違います。
やはりAGAクリニックの場合は、薄毛の方を専門に見ているので、薄毛に対する羞恥心への配慮があります。
したがって受付の時点で「頭皮のお悩みですね」と瞬時に理解があります。

 

しかし!!
皮膚科では「え?ええ?AGAですか?」となる確率があり恥ずかしい思いをすることがあります。
僕の場合はまさにそれで、恥ずかしさのあまり赤面してしまいました。
受付で若くてかわいい子に「最近抜け毛が多くて・・・」なんてまぢで地獄ですよっ!!

 

 

あぁ・・・・思い出しただけでも赤面してしまう。

 

つまりそういう事です!
AGAクリニックのメリットは、気軽に相談しやすく、治療内容が充実している!という事です。

 

しかし治療が充実しているという事はつまり・・・・お高いんでしょ!?
という所がAGAクリニックのデメリットなると思う。

 

 

AGAクリニックの場合大体月に2、3万って所が普通の様です。

 

対して僕が皮膚科で払った金額は1万3千円位だと思います。

 

 

診察代とプロペシア代で1万ちょっとなので、毎月通うとなると1万と3万ではかなりの開きがあるような気がします。
ただ、皮膚科とAGAクリニックではそもそも目的が若干異なります。
そこが値段に現れているとも言える気がする。

 

 

皮膚科の場合 ⇒ AGAの進行を止める

 

AGAクリニックの場合 ⇒ 発毛を目的としている

 

 

 

この差はかなり大きいと思うんですが、やはりプロペシアだけでは髪の毛は生えてはきません。
これは僕も1年以上プロペシアのみを使用して実感しました。
プロペシアは抜け毛を減らしてくれますが、それ+αが無いとなかなか髪の毛は増えません。

 

なので、発毛させる気満々で皮膚科を受診したとしても効果は薄いのかもしれません。
現状維持が目的なら良いのですが、発毛が目的となると、どちらかというとAGAクリニックがおススメです。

 

 

 

AGAクリニックと皮膚科のメリット・デメリット

では色々書きましたが、最後にAGAクリニックと皮膚科の僕が思うメリット・デメリットをまとめてみます。

 

 

<AGAクリニック>

 

メリット

 

・薄毛という恥ずかしさが少ない
・AGAに詳しい医師がいる
・発毛が期待できる
・治療の選択肢の幅が広い

 

デメリット

 

・値段が高い
・店舗が少ない
・まず通えない
・当り外れがある

 

 

<皮膚科>

 

メリット

 

・近所に高い確率である
・薄毛の悩みが相談出来る
・比較的安価

 

 

デメリット

 

・一般の患者と混ざって受付&診察
・AGAに関する知識が薄い
・治療の幅がない
・AGAの進行を遅らせるのが目的

 

 


 

やはりAGAクリニックのデメリットとしては、近所に店舗数が少ないという事では無いでしょうか?
どんなに優秀でも無ければ通えないですからね。
僕のような田舎在住の方はどんなに興味があっても、諦めるしかありません。

 

 

ちなみにAGAクリニックで一番の店舗数が多いのは「AGAスキンクリニック」になります。
確認できただけで47院あります。
北海道・東北、中部・北陸、近畿、山陰・山陽、九州・沖縄と結構沢山あります。

 

自分の近所には?と思われた方は『AGAスキンクリニックのHP⇒クリニック一覧』で調べてみると良いです。

 

AGAスキンクリニックの画像

 

 

僕も近所までとはいきませんでしたが、片道1時間の距離に1店舗ありました。

 

 

皮膚科にしてもAGAクリニックにしても最初は確かに恥ずかしいですが、薄毛の事を相談出来た事でスッキリしましたし、プロペシアって結構大丈夫なんだなって不安が無くなりました。

 

AGAクリニック、皮膚科に限らず、まず医師の方に相談するって事はイイ事だと思う。
僕のM字ハゲ対策も皮膚科から軌道に乗り出したので、ターニングポイントという訳です。
あの勇気を振り絞ったおかげで今の髪の毛がある訳なので。

 

という訳で大体AGAクリニックと皮膚科の違いは分かったでしょうか?
皆さんも第一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

 

 

関連ページ

AGAスキンクリニックの評判
m字ハゲを本気で治したい方のAGAクリニックを紹介します。
ヘアメディカルの評判
m字ハゲを本気で治したい方のAGAクリニックを紹介します。